空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by にる  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

忘れへん内にまとめトコ♪無料ソフト集

■ハイパーペイント
まずは、画像加工の優れもの!
これは無料とは思え「 無 い 」性能!!!!!!
すっばらしい~~~
さっそく→のキラキラ写真作ってみた! エヘ


■カハマルカの瞳
動画画面キャプチャーソフトの優れもの
なんといっても、軽い!!!!
他のを使うと、画面がカクカクなっても
コイツは、すごい!!!!!おすすめ♪


■AviUtl
カハマルカの瞳で取り込んだAVIファイルは10分で1.5Gトカやから
このソフトで圧縮せなUPでけへん><
で、1.5G→50~70Mに圧縮@@
すっごいねーーーーー!!!
これも、無料と思え「 無 い 」性能!!!!!!!!
すごすぐる( ̄¬ ̄)

■zoome(ズーミー)
動画UPサイト
公式でも紹介されたトコやんね

ただ、ここ、エンコードとかゆうのんがややこしくて
よーわからん ;w;

で、悩んでると なんとーーーー

■zoome wiki
ありましたっ!!!WIKI

詳しくは、ここに載ってるから困ってる人は見てみ~
エンコードの仕方から必要なプログラムやファイルの在り処まで
いや~至れり尽くせり~~( ̄∇ ̄)

で、昨日の夜から初めて、
あれこれ勉強しながら今終わったーーーーー

一番困ったんは、ファイルの再生時間が
誤認識されてしまうトコ

そやけど、WIKI見ながらやったら、
あっさりできてん!

ヒャッホーーーーーーーーーーーーーーーーー


というわけでーーーーーーー



寝る!!!!!!!!!!!!!!!!



以下 WIKIのコピペ

Encode
Last-modified: 2009-01-10 (土) 23:26:40
【再エンコードしない条件】
○方法1 初心者が簡単に高画質 (携帯動画変換君)
○方法2 中級者編。自分で高画質化をやってみよう! (AviUtl)
【準備編】
【エンコード手順】
○方法3 Handbrake
○方法4 MediaCoder
○方法5 QucikTime Pro (最も簡単だがプロキーが必要)
○Mac OSXによるエンコード方法
【再エンコードしない条件】
・映像コーデックがH.264。
・映像+音声のビットレートが1.5Mbps以下。(ビットレート数値はVBRで前後する可能性があるので、低めの設定をお勧めします)
・音声コーデックがAACもしくはHE-AAC。
・動画のアスペクト比が4:3。 (2008年5月23日修正)
・ファイルサイズが200Mbyte以下。

※上記の範囲内であれば、640x480などプレーヤーの表示サイズを超える解像度の動画も公開可能です。
(フルサイズで見る場合はプレーヤー右下のフルスクリーンボタンを押す)

特にエンコード初心者はこの動画を見ると高画質で動画を作成する方法が分かりやすい。

ムービーメーカで高画質保存する方法
http://circle.zoome.jp/nicovideo/media/533/

■その他
08/05/23のzoome側の改善により、16:9などの動画も再エンコードせずにアップロードが可能となった。
これにより今までは16:9などの動画で上下に黒帯を追加して4:3にする必要があったが、この作業をせずとも良くなった。
http://zoome.jp/info/diary/103/
 


--------------------------------------------------------------------------------

▲ ▼
○方法1 初心者が簡単に高画質 (携帯動画変換君)
携帯動画変換君でお手軽に変換できます。

【携帯動画変換君の設定例】
映像:H.264 VGA 1000kbps、音声:AAC ステレオ 256kbps
音量を2倍にした人は-vol 512にしてください。
音声のビットレートを128にしたい場合は「-ab 256」の部分を「-ab 128」に変える。
動画の長さによって設定通りのビットレートから遠のく。
そのため、動画に合わせて映像ビットレートを1000~1300と変えるのが望ましい。
総ビットレートを確認したい場合は真空波動研を使うといい。

[Item0]
Title=VGA標準画質 最大30fps
TitleE=VGA Normal quality 30fps
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -maxfr 30 -i "<%InputFile%>" -title "<%Title%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -bitexact -vcodec h264 -coder 1 -bufsize 128 -g 250 -s 640x480 -b 1000 -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 256 -vol 256 -f mp4 "<%OutputFile%>.MP4""
 
 


--------------------------------------------------------------------------------

▲ ▼
○方法2 中級者編。自分で高画質化をやってみよう! (AviUtl)
ここに記す方法は2008年2/27時点での設定方法です。
各ツールは現在も常にアップデートされているので、詳細は各ツールのreadmeなどを読んで下さい。



【必要なもの】

AviUtl*:エンコードする際に用いるアプリケーション
AviUtl用プラグイン
Lanczos 3-lobed 拡大縮小:動画の解像度を調節する際に必要
黒べた追加フィルタ:アスペクト比を4:3に調整する際に必要
DirectShow File Reader:これがあるとAviUtlで様々な種類の動画が開けるようになる
Nero Digital Audio Reference MPEG-4 & 3GPP Audio Encoder*:AAC、HE-AACのエンコーダ
Nero本家
x264gui.auo:H.264の出力プラグイン
.Net Framework 2.0:x264 GUIを起動させるのに必要
その1
その2
Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86):x264 GUIを起動させるのに必要




▲ ▼
【準備編】
1 AviUtlの最新版をダウンロードし、展開。
2 x264.***.rarの最新版をダウンロードし「auo」フォルダを確認。他はどうでも良い。
Windowsのsystem32フォルダ内にpthreadVC2.dllが無い場合コピーして放り込む。
※x264.807.release02以降、pthreadVC2.dllは不要になった。
auoを開き、x264gui.auo、x264gui.iniをAviUtlのフォルダ内に移動させる。
3 NeroDigitalAudioをダウンロードし、neroAacEnc.exeを、AviUtlのフォルダ内に移動させる。
4 Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)をダウンロードし、インストールする。
5 Lanczos 3-lobed 拡大縮小、黒べた追加フィルタ、DirectShow File Readerをダウンロードし、
説明書に穴を開ける程読み、必要なファイルのみAviUtlのフォルダに移動させる。





▲ ▼
【エンコード手順】
1.
aviutl.exeを開き、エンコードしたい動画ファイルをドロップ。(RV10など一部のファイルは開けないので、別途avisynthを通す必要あり)
(エンコード中に他の作業をしたりすると音がおかしくなる場合がありますので極力他のプログラムは終了させておいてください。)
2.
ファイル→プラグイン出力→拡張x264出力GUI→ビデオ圧縮を選択すると設定画面が出てきます。
上にあるプリセットからどの設定でエンコードするか選んで下さい。(通常は中画質で十分です)

音声エンコーダにneroAacEncエンコーダを選択し、設定ウィンドウ右側にあるneroAacEnc.exeの保存場所を指定します。
初めての人はシングルパス固定ビットレートで1000kbps、音声はAAC-LC96kbpsくらいでエンコードしてみましょう。
他の設定が分からない場合はそのままで良いのでOKを押して窓を閉じ、適当な名前をつけて保存を押すとエンコードが開始されます。

2.1
マルチパスを使用する場合(この例では2passとします)

ファイル→プラグイン出力→拡張x264出力GUI→ビデオ圧縮を呼び出し、「マルチパス - Nth PASS」を選択。
「Null出力」にチェック。
「自動マルチパス」にチェック→数値を[2]
ビットレートや音声の設定に関しては適宜調整すること。
(自動フィールドシフトVFを使用している場合、拡張設定で「自動フィールドシフト v7 対応」にチェック)
設定後に「OK」をクリックし、「ファイル名を入力後→保存」。
名前は「MP4_2pass」等分かりやすく書こう。拡張子は自動的にmp4になる。
3passなどの場合は「自動マルチパス」の数値を[3]などにすれば可能なはずです(試してない)。

3.
ファイルが出来上がったらzoome側でエンコードされない設定になっているか確かめます。
200MB以内のファイルで映像+音声の合計ビットレートが1500kbps以内ならOKです。
ファイルを再生して動画がちゃんとできているのを確認したらzoomeにアップロードしてみましょう。




Q, 16:9などの比率の動画をアップロードしたいのですがどうすればいいですか?
zoomeでは4:3の比率の動画以外は事実上受け付けていません。
(16:9などの動画を上げても自動的に黒帯は入りません。)
ですから、AviUtlなどのツールで黒ベタ追加フィルタなどを使って、上下に黒帯を追加して4:3比率にして下さい。

16:9比率の動画は自動的に上下に黒帯が入るようになりました。※但しそのままのUPなら再エンコはされます
16:9以外の比率の動画の場合は対応しておらず、今までどおり全て4:3に再エンコードされます。(4/13確認)

08/05/23のzoome側の改善により、16:9などの動画も再エンコードせずにアップロードが可能となった。
これにより今までは16:9などの動画で上下に黒帯を追加して4:3にする必要があったが、この作業をせずとも良くなった。
http://zoome.jp/info/diary/103/



Q, AACのHEとLCの違いはなんですか?
HE・・・ラジオなど長時間の音声の場合、高圧縮でサイズを大きく縮めることができる。
LC・・・一般的なAACにおける圧縮。普通はこれでOK。



Q, 映像と音声が上手く合成できません
元動画の音声がPCMでないと上手く合成できずエラーが出る場合があるようです。
その場合は映像と音声を別々に用意してYambなどのツールを使って合成します。

手順としては、映像からwavやmp3などで音声だけを抜き出したら、iTunesなどのツールでAACファイルへと変換し、mp4で用意した動画と合成(mux)させます。



Q, あんまり映像が綺麗じゃないのですが・・・
元動画のビットレートはいくつですか?動画の映像と音声のビットレートは真空波動研などのツールで測定することができます。
勿論、使用するフィルタや動画のサイズにも影響されます。



Q, 出力したmp4の映像がQuickTimePlayerで表示されない。
FLV Player等、他のプレイヤーで再生してみましょう。
正常にエンコードが完了していてもQuickTimePlayerで再生できず、FLV Playerで再生できた実例があります。


スポンサーサイト
by にる  at 07:54 |  動画静止画加工 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。